肝臓癌の最先端の治療方法 その1

肝臓がんは日本で胃がん、肺がんに次いで多い癌です。肝臓癌は健康な肝臓に突然発症することは少なく、ほとんどがB型肝炎、C型肝炎ウイルスによる慢性肝炎や肝硬変に引き続いて起こります。とくにC型肝炎ウイルス感染による慢性肝炎、肝硬変で発症の頻度が高くなってます。次に症状について説明します。肝硬変があれば手掌紅斑や、くも状血管腫などの肝硬変の症状がみられます。ですが一般的に癌がかなり大きくなるまでは癌の症状は現われません。進行すると全身倦怠感、食欲不振、疲れやすさ、腹部膨満、上腹部の圧迫感や痛みが現われてきます。また、肝臓が腫大して腹部にしこりを触れたり、肝臓が正常に機能できなくなると腹水、黄疸、体重減少なども現われてきます。次に検査や診断について説明します。おもな検査は血液生化学検査と画像診断です。血液生化学検査ではASTやALPなどの肝臓の代謝機能にかかわる酵素の値や血清アリルビン濃度の上昇、肝機能の低下が現われます。

野球用品 ナイキ

こだわり派のあなたにオーダーグローブ

草野球の対戦相手をお探しならこちら